FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウィ」カヌーに乗る

2010年05月13日 19:12

IMG_1295.jpg

IMG_1287.jpg

古くはカヌーイスト野田さんの愛犬「ガク」がカヌー犬としてデビューしたのは何年前のことだろう。近くでは森林インストラクターの資格を持ち、農業に励んでいる友人の坂口さんの犬(野田さんの愛犬と同じ名前)も一足先にカヌーデビューしている。
我が愛犬ウィもカヌーに乗せてやろうと、恒例の北川下りに連れて行った。
今回は10名近いメンバーでキャンプを張ったが、初めてのキャンプにもかかわらず、みんなから可愛がられ、餌も普段食べさせないお菓子やら、酒のつまみやらたらふく食べさせてもらっていた。
翌日晴天の中、いよいよカヌーデビューである。
ライフジャケットなし、もちろんヘルメットもなし。いざという時に備えて念のため、首輪をはめ、カヌーに繋ぐことにした。
陸の上でカヌーに乗る分は何て事はなかったが、イザ川の中に漕ぎだすと不安そうな表情となり、流れの早い波が立っているところでは恐怖におののき、何を思ったのかザンブと川に飛び込んでしまった。
あわてて綱を引き、カヌーに引き上げたが、暫くは舟に立つことをせず、舟艇に腹ばいになってへたり込んでいた。
何せ、生まれて初めてのカヌー。足元は波によって上下左右に揺れ、スピードもある。
いわば人間にとってみれば天変地異、地震の上に立っているようなもので相当怖かったに違いない。しかし川に飛び込んだのは一回限りで、その後はあぶなっかしい様子ではあったが、ちゃんと4本の足で船首にしっかりと立っていた。
無様な姿をさらしてしまったが、キャンプファイヤーの火を囲みながら、「カヌーに乗っているのをカヌー犬と言うのであって、何か特別な能力を持った犬をカヌー犬と言うのではない」との皆さんからの慰めをいただいた。
デビュー戦では恥をさらしてしまったが名誉挽回、次回9月の川下りでは川に落ちても得意の犬かきで、カヌーを押してくれるのを期待することとしよう。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mizunokai.blog114.fc2.com/tb.php/87-bbc9f752
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。